ご高齢の方のフットケア

最終更新: 2020年9月17日

80代の方がサロンにいらっしゃいました。

片側麻痺があり、歩行が不安定です。

タコが複数あり、転倒のリスクがさらに高まります。

タコが複数あるとタコが邪魔して足の裏の接地面が縮小してしまいます。


タコを取ると、床につくようになったととても喜んでいただきました。

フットケアをすることで歩きやすい足になってよかったです。


100歳になっても元気に歩ける足を目指して。

健康に歩ける足を保つことは、

気持ちも明るくなり生活が豊かになることにつながります。


笑顔で若返ったと足を見ておっしゃいました。

ご高齢でも綺麗な健康な素足になります。











とちぎフットケアサロン 茂木有紀








​※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

資格の更新と当サロンの特徴

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。 5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知