もうすぐ105歳の方のフットケア

更新日:2021年2月19日

痛くもないんだけど、

こんなになっちゃって。

元気に会話もできる素敵な方です。



毎月行っている福祉施設でのフットケア、

サロンのように長い時間のフットケアはできませんが、

大切にしていることは

靴下が引っかからない、

靴が当たらない、

痛くない、

どこかにぶつけても怪我をしない、

一番のリスクはどこでそれがあるとどうなるかというアセスメントをすること


爪がロールしていたので側爪郭に出血したであろう痕がありましたが

爪が皮膚の中に刺さってなくてよかったと思いました。

そういう方もいらっしゃるので。


手を合わせて笑顔でありがとうと何回も言ってくださり

足が軽くなって心も軽くなっていただけたらうれしいです。

そして105歳の方のフットケアができるなんて光栄です。



人生100年時代まだまだ元気でいてください!





とちぎフットケアサロン 茂木有紀








​※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

何度となく記事に書いていますスピール膏。 スピール膏、うおのめパッチ、 薬局のどこでも目にすることができます。 病院でも魚の目の時、自分で切って貼ってねと処方されます。 お客様でも魚の目には、あの貼るやつ(スピール膏)がいいって聞いて、 買って貼ってるというかたも。 そしてスピール膏貼っている方、 白くなった皮膚を自分で切り取ったり、 手でむいたり、 衛生的にもよくないです。 健康な皮膚までボロボ

病院を受診して検査して白癬菌がでなくても、 肥厚爪の状態だと水虫かどうかわからないかもしれない でもほぼ全部や複数の爪が肥厚爪って 爪甲鉤彎症でもなく黄色くボロボロで変形した爪が複数の爪に出ている 白癬菌0ゼロじゃないだろうなと思います。 実際再度検査したら白癬菌が陽性になるケースもあり、 病院で白癬菌出なかったから絶対水虫の爪ではありません。 とは言い切れないのです。 削るとさらにこれは疑わしい