top of page

ドイツの子どもの足と靴のセミナーへ参加しました~東京へ~

更新日:2020年9月17日

ドイツの国家資格整形外科靴マイスターによるお子様の足の観察の仕方と、

ドイツ語通訳者の奥様によるドイツの小児足と靴文化のセミナーに参加してきました。


フットケアに関する研修は時々あるのですが、

靴についての研修とはご縁がなく

今回このような機会をいただけたことは大変貴重な時間でした。


そして、子どもの時期とりわけ3歳になったばかりのお子様でしたが、

(画像は11歳のお子様です)

合っていない靴をはくことはどのような影響があるかということには驚きがありました。

10歳前後のお子様の相談が多いのですが、

小さいころから足に合った靴を履くということの重要性を感じました。


日頃より私たちが履く靴についても通じる部分があります。

お客様へ靴についても伝えていきたいと思いました。



大変貴重なお話をありがとうごじました。

またこういった機会があるといいなあ。












とちぎフットケアサロン 茂木有紀






​※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

フットケア学会関西地方会に参加しました

日本フットケア・足病医学会 関西地方会学術集会に参加しました。 いろいろな疾患のある足をどうみるかという点で、フットケアという行為をする上で必要な知識を学ぶことができました。 普段なかなか勉強できない貴重なお話を聴くことができました。 いろいろな疾患をお持ちのお客様がいるので 足の勉強はやはり大切です。 今後のフットケアに生かしていきたいと思います。

フットケア学会関東地方会に参加しました~

土日はご予約が入っているのでオンデマンドで参加しました。 なんというか刺激的というか驚きでした。 ある講演なのですが、 外科的手術に関するお話でした。 難治性の潰瘍のお客様は当然当サロンにいらっしゃいませんが、 疾患による変形が強い難治性胼胝の方はいます。 胼胝ができなくなる。 それは画期的なことです。 痛みと変形がなくなればもっと歩容がよくなると思うのです。 とちぎフットケアサロン茂木有紀

フットケア学会北海道地方会に参加しました

日本フットケア足病医学会の北海道地方会に参加しました。 当日フットケアのご予約入っていたので合間で一部web参加し、 後日オンデマンド参加しました。 北海道へ行くのは難しいですが、 聴けて良かったです。 爪白癬のお話もありました。 胼胝(タコ)をエコーで、 実際足にどのような状態でタコができているのかというのをみて 胼胝が繰り返されるのはこういうことなのかと驚きました。 足の角化と荷重では、 体重

Comentarios


bottom of page