ドイツの子どもの足と靴のセミナーへ参加しました~東京へ~

最終更新: 2020年9月17日

ドイツの国家資格整形外科靴マイスターによるお子様の足の観察の仕方と、

ドイツ語通訳者の奥様によるドイツの小児足と靴文化のセミナーに参加してきました。


フットケアに関する研修は時々あるのですが、

靴についての研修とはご縁がなく

今回このような機会をいただけたことは大変貴重な時間でした。


そして、子どもの時期とりわけ3歳になったばかりのお子様でしたが、

(画像は11歳のお子様です)

合っていない靴をはくことはどのような影響があるかということには驚きがありました。

10歳前後のお子様の相談が多いのですが、

小さいころから足に合った靴を履くということの重要性を感じました。


日頃より私たちが履く靴についても通じる部分があります。

お客様へ靴についても伝えていきたいと思いました。



大変貴重なお話をありがとうごじました。

またこういった機会があるといいなあ。












とちぎフットケアサロン 茂木有紀






​※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

子どもの足靴シンポジウムに参加して

日本フットケア足病医学会が開催した子どもの足靴シンポジウムにwebで参加しました。 私が日頃見させていただいてるのは20代~ご高齢の方ですが、10代や学童幼児のお子様の相談も時々あり子どもの靴は大切だと実感しています。 また、大人の方に足と靴についての話や靴の履き方をお教えしますが、 そんなこと学んできてない、 全然知らなかったという声も聞かれ そして今日から明日から変えましょうは難しいです。 習