ドイツの子どもの足と靴のセミナーへ参加しました~東京へ~

最終更新: 2020年9月17日

ドイツの国家資格整形外科靴マイスターによるお子様の足の観察の仕方と、

ドイツ語通訳者の奥様によるドイツの小児足と靴文化のセミナーに参加してきました。


フットケアに関する研修は時々あるのですが、

靴についての研修とはご縁がなく

今回このような機会をいただけたことは大変貴重な時間でした。


そして、子どもの時期とりわけ3歳になったばかりのお子様でしたが、

(画像は11歳のお子様です)

合っていない靴をはくことはどのような影響があるかということには驚きがありました。

10歳前後のお子様の相談が多いのですが、

小さいころから足に合った靴を履くということの重要性を感じました。


日頃より私たちが履く靴についても通じる部分があります。

お客様へ靴についても伝えていきたいと思いました。



大変貴重なお話をありがとうごじました。

またこういった機会があるといいなあ。












とちぎフットケアサロン 茂木有紀






​※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

日本フットケア足病医学会に参加

午前午後ともフットケアが入っていたので、オンラインでは聴けませんでしたが、 オンデマンドで聴きました。 zoomも最近落ちがちなのであれはなぜ落ちてしまうのでしょうか。。 なのでオンデマンドは本当にありがたいです。 理学療法士の方の足の運動の話、足病治療の話、義肢装具の話、患者さんとのコミュニケーションの話、など 幅広く学ばさせていただきました。 当サロンは病院ではないですが看護師資格のあるものが

webフットケア研修

webでフットケアの研修に参加しました。 高山かおる先生の「爪の診方と原因を考えたアプローチ」 ある疾患の爪について詳しく知りたいとずっと思っていたところ、この疾患の爪について詳しく学べとてもよかったです。巻き爪変形、肥厚爪変形についても学びました。 足の病院の医師や足のクリニックの理学療法士の方の貴重な話を聴くことができてとても勉強になりました。 現在の事業に通じるところが多くあり今後に生かして

資格の更新と当サロンの特徴

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。 5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知