厚い爪~当サロンの爪甲鉤彎症のフットケア

更新日:2021年2月19日


爪甲鉤彎症はこんな爪














爪の根本に段差ができて厚くなっていきます。

時間の経過とともに

厚くなっていき、

爪と皮膚が離れ

爪は根本のほうだけついた状態で斜めに生えたり、

上方向に生えたりします。

爪がない部分の皮膚は盛り上がってきます。

ご高齢の方だけでなく若い方でもいらっしゃいます。


爪が靴や物にあたると痛みがあったり、

爪の変形により中で出血している場合もあります。



当店では肥厚爪ケアを行っています。

若い方でも多い爪甲鉤彎症。

再発させないために爪をきれいにまっすぐ伸ばしていくというケアを

定期的に行っています。





~お客様の声~

この爪はもうずっとこのままでいるしかないと思ってました。

フットケアがあることを知らなかった。

爪が厚いときは痛いときがあったけど、

爪の厚みがなくなってから痛みがなくなった。

爪が伸びるのが楽しみです。



とちぎフットケアサロン 茂木有紀






​※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

何度となく記事に書いていますスピール膏。 スピール膏、うおのめパッチ、 薬局のどこでも目にすることができます。 病院でも魚の目の時、自分で切って貼ってねと処方されます。 お客様でも魚の目には、あの貼るやつ(スピール膏)がいいって聞いて、 買って貼ってるというかたも。 そしてスピール膏貼っている方、 白くなった皮膚を自分で切り取ったり、 手でむいたり、 衛生的にもよくないです。 健康な皮膚までボロボ

病院を受診して検査して白癬菌がでなくても、 肥厚爪の状態だと水虫かどうかわからないかもしれない でもほぼ全部や複数の爪が肥厚爪って 爪甲鉤彎症でもなく黄色くボロボロで変形した爪が複数の爪に出ている 白癬菌0ゼロじゃないだろうなと思います。 実際再度検査したら白癬菌が陽性になるケースもあり、 病院で白癬菌出なかったから絶対水虫の爪ではありません。 とは言い切れないのです。 削るとさらにこれは疑わしい