定期的なフットケアで足をメンテナンス

最終更新: 2月19日



足に爪やタコ・ウオノメなどトラブルのある方は、定期的なメンテナンスが必要です。



5月にはウオノメの痛みがあり、ウオノメの周りにはタコができていました。

2ヶ月後の7月には痛みがなくなりました。

さらに2ヶ月後の9月の画像は施術前です。赤みがなくなりタコやウオノメはほとんどなく浅くなっています。当然痛みもありません。


定期的に施術をしていくことは、タコやウオノメが縮小していきます。

それにより足に痛みのない状態で生活することができます。



外反母趾や足の変形のある方は、転倒にもつながります。

定期的にフットケアを行い足を健康に維持することはとても大切なことです。





とちぎフットケアサロン 茂木有紀






​※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

資格の更新と当サロンの特徴

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。 5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知