巻き爪について思うこと


最近お見掛けするのが80~90歳を超えられた方の巻き爪による陥入爪です。

もっと早くに巻き爪矯正をしていれば、と思うのです。

陥入爪で炎症がすすんでしまうと手術になってしまうこともあります。


ご高齢になってくると、

日常生活動作が減少し歩行の機会が若い方に比べると減ってきます。

歩行も不安定になってきます。

筋力低下により正しい歩行ができなくなってきます。

すると巻き爪がすすむ場合があります。


巻き爪で痛みがある、陥入爪になってしまうという方は

ご高齢になる前に、気づいたとき早めに巻き爪矯正をされたほうがいいです。


どんな種類の巻き爪矯正でもいえることが、

矯正して爪が広がってもなんらかの原因があれば爪はまた巻いてしまうということです。

原因をとりのぞいて爪が巻かないように維持していくのも、

ご高齢になってからでは難しい面があります。


例えば、合わない靴を履くことで、

また靴のフィッティングができていない状態で靴を履くことで、

足趾の変形が生じるとそれにともない爪の変形も生じてきます。


若いうちに爪が巻いていて、ご高齢になって歩行の機会が減ってくると

さらに爪は巻いてしまう傾向にあるので痛みがあって陥入爪になりやすい人は、

ほっておかないで巻き爪矯正をすることをおすすめします。





とちぎフットケアサロン茂木有紀










当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

お久しぶりの痛い魚の目

ご家族3名様のご予約でした。 2年以上ぶりで久しぶりのご予約。 Aさん、「魚の目が1ヶ月くらい前から痛くなってだめ」と。 2年前の魚の目が今頃?なんだろうなと思っていたら、 2年前の魚の目はなくなっていました。 魚の目ができていたのは反対の足。 魚の目を取ると、 「ほんとうに痛くない。すごい。」と、とても喜んでらっしゃいました。 毎日生活する中で歩くと痛いというのはストレスですし辛かったかと思いま

資格の更新と当サロンの特徴

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。 5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知