巻き爪の状態での歩行のリスク

爪がまいた状態では、親指の地面への接地面が変わってきます。

巻いていれば巻いているほど親指は床につけづらくなります。

そうするとお親指を使わない歩行になっていきます。

膝や腰に負担がかかっている方もいらっしゃいます。

それがご高齢の方になってくるとさらにリスクは高まります。

転倒です。









巻き爪を矯正し爪を本来の形に戻してあげ、

親指を使った歩行をすることが大切です。






とちぎフットケアサロン

茂木有紀






最新記事

すべて表示

巻き爪について思うこと

最近お見掛けするのが80~90歳を超えられた方の巻き爪による陥入爪です。 もっと早くに巻き爪矯正をしていれば、と思うのです。 陥入爪で炎症がすすんでしまうと手術になってしまうこともあります。 ご高齢になってくると、 日常生活動作が減少し歩行の機会が若い方に比べると減ってきます。 歩行も不安定になってきます。 筋力低下により正しい歩行ができなくなってきます。 すると巻き爪がすすむ場合があります。 巻