爪甲鉤彎症+爪白癬症(爪水虫)の爪ケアと治療

最終更新: 2020年10月27日



今月製薬会社さんよりご案内いただき爪白癬webセミナーを受講させていただきました。

爪白癬治療には爪ケアが大切です。


ご家族様からのご依頼で爪ケアをしました。

爪甲鉤彎症で、爪削りをして爪白癬の疑いが見られ受診をおすすめしました。

ご家族様がすぐ主治医の先生にお話くださり

爪白癬治療薬を処方してくださいました。

今月2回目の爪ケア

きれいな爪が根本に生えてきていました。

爪削りをすると爪床の爪が部分的にきれいな爪になっていました。

治療の効果ですね。


今回のように治療につながるといいのですが。



とちぎフットケアサロン 茂木有紀










最新記事

すべて表示

巻き爪について思うこと

最近お見掛けするのが80~90歳を超えられた方の巻き爪による陥入爪です。 もっと早くに巻き爪矯正をしていれば、と思うのです。 陥入爪で炎症がすすんでしまうと手術になってしまうこともあります。 ご高齢になってくると、 日常生活動作が減少し歩行の機会が若い方に比べると減ってきます。 歩行も不安定になってきます。 筋力低下により正しい歩行ができなくなってきます。 すると巻き爪がすすむ場合があります。 巻

日本フットケア足病医学会に参加

午前午後ともフットケアが入っていたので、オンラインでは聴けませんでしたが、 オンデマンドで聴きました。 zoomも最近落ちがちなのであれはなぜ落ちてしまうのでしょうか。。 なのでオンデマンドは本当にありがたいです。 理学療法士の方の足の運動の話、足病治療の話、義肢装具の話、患者さんとのコミュニケーションの話、など 幅広く学ばさせていただきました。 当サロンは病院ではないですが看護師資格のあるものが