爪甲鉤彎症~長年の悩み~

10年前に爪が厚くなりはじめ、爪が段々に重なり厚くなってくると先端がぽろっと取れてまた段ができる、長年それの繰り返しだったと。

ご自分で爪の表面を削りながら長年爪を切ったことがないとおっしゃられていました。

上の画像が初回

下の画像が8か月後

※経過には個人差があります。


2か月ごとに爪ケアをしました。

爪の状態に合わせて爪が前に伸びるように爪ケア以外も行っています。

これが爪をきれいに伸ばすのに大切です。

ご本人にも日常でセルフケアをおこなってもらっていました。



1回の施術であとはきれいに伸びてくれたらと思いますが、

残念ながら足の爪はなかなかそうはなってくれなく。


下の画像は初回の画像↓

その後は爪ケアをせず

初回から1年後です↓

徐々に爪は厚くなっていったようで

爪甲鉤彎症になっています。







とちぎフットケアサロン 茂木有紀









​当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

資格の更新と当サロンの特徴

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。 5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知