看護師さんを通じてのご紹介。と爪甲鉤彎症でこわいこと

最終更新: 2月19日

少し前のことになりますが、以前リウマチ科で働かれていて

認定の資格もお持ちの看護師さんとフットケアの活動中に偶然知り合いになりました。

事細かになぜ必要なのかを話さなくてもすぐご理解いただき。話が早かったです。

フットケアを知る人に出会えたこと、本当にうれしかったです。


その方を通じて現在働かれている福祉施設様にすごい爪の方がいると聞き、

ご家族より病院でやりようがないと言われたとのことで

最終的にご家族様のご依頼を受け福祉施設様に訪問しました。


すごい爪は、爪甲鉤彎症でした。

痛みもあるようでした。



巻き爪で爪の先端が皮膚に当たっています。これが爪甲鉤彎症で怖い所です。

爪は皮膚に入り込んで刺さっていました。

出血はなく化膿も見られませんでしたが、過去に出血したであろう跡が見られました。

これは痛かったと思います。


爪甲鉤彎症ほっといてはいけません。


フットケアを嫌がって受けれないかもしれないと言われていましたが、

全然嫌がられるご様子もなく。

すっきりしたと笑顔を見せていただけたこと本当によかったです。

つたいながら歩かれていく姿に、

いつまでも歩いていてほしいと思いました。



とちぎフットケアサロン 茂木有紀








​※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止


最新記事

すべて表示

巻き爪について思うこと

最近お見掛けするのが80~90歳を超えられた方の巻き爪による陥入爪です。 もっと早くに巻き爪矯正をしていれば、と思うのです。 陥入爪で炎症がすすんでしまうと手術になってしまうこともあります。 ご高齢になってくると、 日常生活動作が減少し歩行の機会が若い方に比べると減ってきます。 歩行も不安定になってきます。 筋力低下により正しい歩行ができなくなってきます。 すると巻き爪がすすむ場合があります。 巻

お久しぶりの痛い魚の目

ご家族3名様のご予約でした。 2年以上ぶりで久しぶりのご予約。 Aさん、「魚の目が1ヶ月くらい前から痛くなってだめ」と。 2年前の魚の目が今頃?なんだろうなと思っていたら、 2年前の魚の目はなくなっていました。 魚の目ができていたのは反対の足。 魚の目を取ると、 「ほんとうに痛くない。すごい。」と、とても喜んでらっしゃいました。 毎日生活する中で歩くと痛いというのはストレスですし辛かったかと思いま