社会福祉施設での訪問フットケア

最終更新: 2020年9月17日

今日は訪問フットケアでした。

毎月定期的にフットケアをさせていただいています。

厚い爪定期的にケアをすることで、

半分くらい健康な爪が生えてきました。


皮膚科にも通っているとのことでしたが、

なかなか治らないので違うもの(病院処方じゃない塗り薬)を塗っているようでした。

新しいお薬爪用の抗真菌外用薬があります。

残念ながらあまりその外用薬を処方されている方はいらっしゃいません。

爪の水虫はそのお薬を塗っている人の方が治りがいいように思います。

患者さんが爪は治らないと諦めてしまうことにもつながるので、

これは毎度毎度の悩みです。

どれほど多くの方がこの爪に悩まされているか。

フスフレーゲを行い治療も並行して行うことが大事です。


上の写真3月、下の写真本日



とちぎフットケアサロン 茂木有紀




​※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

資格の更新と当サロンの特徴

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。 5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知