茨城でフットケア研修

最終更新: 2020年9月17日

何日か前のことになりますが茨城へ、関東フットケア指導士会へ行ってきました。


血管外科の先生が足病変の講演をしてくださり、個人でフットケアをやっているため私は足病変の方のフットケアはしませんが、やはり足をなくさないためにもっともっと前からフットケアをすることが大切だと再認識しました。


靴屋さんの講演もありました。

フットケア指導士ひとりひとりに靴のフィッティングをしていただきました。

看護師にとっても靴の勉強の機会はあまりないので、とてもいい機会でしたし目から鱗の新しい発見に皆さんも関心が高く驚くことも多かったです。

前日お客様から足の相談を受けていましたので、

色々ご相談させていただきました。

紹介もさせていただきました。






最新記事

すべて表示

日本フットケア足病医学会に参加

午前午後ともフットケアが入っていたので、オンラインでは聴けませんでしたが、 オンデマンドで聴きました。 zoomも最近落ちがちなのであれはなぜ落ちてしまうのでしょうか。。 なのでオンデマンドは本当にありがたいです。 理学療法士の方の足の運動の話、足病治療の話、義肢装具の話、患者さんとのコミュニケーションの話、など 幅広く学ばさせていただきました。 当サロンは病院ではないですが看護師資格のあるものが

webフットケア研修

webでフットケアの研修に参加しました。 高山かおる先生の「爪の診方と原因を考えたアプローチ」 ある疾患の爪について詳しく知りたいとずっと思っていたところ、この疾患の爪について詳しく学べとてもよかったです。巻き爪変形、肥厚爪変形についても学びました。 足の病院の医師や足のクリニックの理学療法士の方の貴重な話を聴くことができてとても勉強になりました。 現在の事業に通じるところが多くあり今後に生かして

資格の更新と当サロンの特徴

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。 5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知