お久しぶりの痛い魚の目


ご家族3名様のご予約でした。

2年以上ぶりで久しぶりのご予約。


Aさん、「魚の目が1ヶ月くらい前から痛くなってだめ」と。

2年前の魚の目が今頃?なんだろうなと思っていたら、

2年前の魚の目はなくなっていました。

魚の目ができていたのは反対の足。

魚の目を取ると、

「ほんとうに痛くない。すごい。」と、とても喜んでらっしゃいました。


毎日生活する中で歩くと痛いというのはストレスですし辛かったかと思います。

よかったです。


痛くなって放置してしまうと魚の目も深くなってしまいます。

痛くなる前、痛くなったら早めに魚の目はとったほうがいいですね。

歩き方が変わってしまいますので。


3名様終わりもう一人の方はフットケアされないのかなと思ったら、

2年前、2か所あった痛い魚の目とタコはなくなっていました。

きれいに。角質もできていなく。よかったです。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀


最新記事

すべて表示

何度となく記事に書いていますスピール膏。 スピール膏、うおのめパッチ、 薬局のどこでも目にすることができます。 病院でも魚の目の時、自分で切って貼ってねと処方されます。 お客様でも魚の目には、あの貼るやつ(スピール膏)がいいって聞いて、 買って貼ってるというかたも。 そしてスピール膏貼っている方、 白くなった皮膚を自分で切り取ったり、 手でむいたり、 衛生的にもよくないです。 健康な皮膚までボロボ

病院を受診して検査して白癬菌がでなくても、 肥厚爪の状態だと水虫かどうかわからないかもしれない でもほぼ全部や複数の爪が肥厚爪って 爪甲鉤彎症でもなく黄色くボロボロで変形した爪が複数の爪に出ている 白癬菌0ゼロじゃないだろうなと思います。 実際再度検査したら白癬菌が陽性になるケースもあり、 病院で白癬菌出なかったから絶対水虫の爪ではありません。 とは言い切れないのです。 削るとさらにこれは疑わしい