爪甲鉤彎症の継続的に爪ケアした方としなかった方

更新日:1月21日



8か月後まだ最後の段差(線)が残っていました。


くびれのところは指先にくいこみ痛みが出たり、

かけてしまったりすることもあります。

10か月後欠けてしまいました。

指先まで伸びるまで1年くらい。

※経過には個人差があります。














画像は1年2か月後です。

終了となりました。

ご自身での爪切りも上手にできています。


2か月ごとに爪ケアをし巻き爪矯正もしながら伸ばしています。

爪の状態に合わせて爪が前に伸びるように爪ケア以外も行っています。

これが爪をきれいに伸ばすのに大切です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



以前の記事にも書きましたが、

1回の施術であとはきれいに伸びてくれたらと思いますよね。

ある程度施術したらあとはほっといても爪が伸びるんじゃないかと、、

残念ながら足の爪はなかなかそうはなってくれなく。。。

爪甲鉤彎症はとくに経過が難しいです。


下の画像は初回の画像↓

その後は爪ケアをせず

初回から1年後です↓

徐々に爪は厚くなっていったようで

再び爪甲鉤彎症になっていました。







とちぎフットケアサロン 茂木有紀









​当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

何度となく記事に書いていますスピール膏。 スピール膏、うおのめパッチ、 薬局のどこでも目にすることができます。 病院でも魚の目の時、自分で切って貼ってねと処方されます。 お客様でも魚の目には、あの貼るやつ(スピール膏)がいいって聞いて、 買って貼ってるというかたも。 そしてスピール膏貼っている方、 白くなった皮膚を自分で切り取ったり、 手でむいたり、 衛生的にもよくないです。 健康な皮膚までボロボ

病院を受診して検査して白癬菌がでなくても、 肥厚爪の状態だと水虫かどうかわからないかもしれない でもほぼ全部や複数の爪が肥厚爪って 爪甲鉤彎症でもなく黄色くボロボロで変形した爪が複数の爪に出ている 白癬菌0ゼロじゃないだろうなと思います。 実際再度検査したら白癬菌が陽性になるケースもあり、 病院で白癬菌出なかったから絶対水虫の爪ではありません。 とは言い切れないのです。 削るとさらにこれは疑わしい