ご高齢の方の足水虫と爪水虫について~水虫予防~

最終更新: 2020年9月15日

これからの梅雨の時期や高温多湿の夏の時期に多いといわれている水虫。ご高齢の方だけではなく若い方もこれからの季節は注意が必要です。

ご高齢、若い皆さんもみんな通る道です。若い方にも知ってもらいたい。


高齢者の足白癬(水虫)・爪白癬(水虫)にかかっている人は、50%以上いると言われています。ご高齢者のフットケアをしていますと、ご自宅でご自分で生活ができる方<通所施設を利用されている方<入所施設の方の順に水虫率が高い印象があります。


水虫は高齢になり免疫機能が低下してくるとかかりやすいといわれています。そのためご高齢者の方の足白癬・爪白癬は季節を問わずいらっしゃいます。

ご高齢の方がかかりやすい理由はほかにもあります。

ご高齢になるとご自分で爪切りが難しくなってきますが、足の清潔も同時に保てなくなってきます。また、運動量の低下により座っている時間が長くなり足にむくみが出てきます。むくみがひどくなると足の指までむくみます。そして足の指の関節可動域も低下し動かさない状態でいると水虫にかかりやすい足になってしまします。








画像左が足白癬(水虫)。画像右が爪白癬(水虫)。

爪にできる水虫は知らない方も割といらっしゃり、

水虫は爪にもできます。


<水虫予防策>

水虫の予防で大切なことは足を清潔に保つことです。

泡で手でやさしく指の間もきれいに洗います。

お湯で石鹸を洗い流した後、タオルで水分を指1本1本よく拭き取ります

ご高齢の方の皮膚は乾燥し皮膚のバリア機能が低下しています。

水分をふき取った後は保湿をしてください。

指の間は塗ってはダメですよ。

指の間以外を保湿して下さい。



ご高齢者のフットケアをしていて

この足をみると

水虫を"高齢者病”とあきらめないでほしい、、と思うのです。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀




※​当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

巻き爪について思うこと

最近お見掛けするのが80~90歳を超えられた方の巻き爪による陥入爪です。 もっと早くに巻き爪矯正をしていれば、と思うのです。 陥入爪で炎症がすすんでしまうと手術になってしまうこともあります。 ご高齢になってくると、 日常生活動作が減少し歩行の機会が若い方に比べると減ってきます。 歩行も不安定になってきます。 筋力低下により正しい歩行ができなくなってきます。 すると巻き爪がすすむ場合があります。 巻

お久しぶりの痛い魚の目

ご家族3名様のご予約でした。 2年以上ぶりで久しぶりのご予約。 Aさん、「魚の目が1ヶ月くらい前から痛くなってだめ」と。 2年前の魚の目が今頃?なんだろうなと思っていたら、 2年前の魚の目はなくなっていました。 魚の目ができていたのは反対の足。 魚の目を取ると、 「ほんとうに痛くない。すごい。」と、とても喜んでらっしゃいました。 毎日生活する中で歩くと痛いというのはストレスですし辛かったかと思いま