爪甲鉤彎症による爪の症状と日常生活への影響

最終更新: 2月19日

爪甲鉤彎症はご高齢の方によく見られる爪ですが、

お若い方でもこういった爪になります。

誰にも相談できなくて長年悩んでらっしゃったとういうお客様

意外と多いのです。


爪の状態としては、

爪の生え際に厚みが出てきてその部分に出血跡が見られる方もいらっしゃいます。

爪が変形して生えるため中で出血跡があったり痛みが出ている方もいらっしゃいます。


日常生活上の影響としましては、

爪が厚いと靴に当たり続けてしまったり、

ぶつけたときは痛く、

爪が肥厚することにより親指をうまく使えず正しい歩行ができなかったり、

体のバランスが偏ったり、

ご高齢の方ですと転倒のリスクになるなど

様々な影響が出てきます。





とちぎフットケアサロン 茂木有紀






※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止


最新記事

すべて表示

資格の更新と当サロンの特徴

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。 5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知