資格の更新と当サロンの特徴

更新日:2021年4月14日

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。

5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。


 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知を行ってきました。

 今後の5年間も知識を深め足を見る目を高めていきたいと思います。

フットケアってなに?これは同業の看護師にもよく聞かれたので一般の方も同じかと思います。またご自身で足のケアしたことないという方も多くいらっしゃいますので、引き続き周知活動を行っていきたいと思います。


足のトラブルは一度きれいにすれば「きれいなまま」だったらいいのですがそうならない理由があります。

原因が複数あるからです。

ご自身の足の骨格、筋力、腱、姿勢、歩き方、靴下、靴、仕事時外出時の活動量、室内での生活状況など複数の原因があります。


将来健康な足を保っていけるということに焦点をあてているサロンです。

ご高齢になっても健康な足を保ってほしいと思います。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀




最新記事

すべて表示

何度となく記事に書いていますスピール膏。 スピール膏、うおのめパッチ、 薬局のどこでも目にすることができます。 病院でも魚の目の時、自分で切って貼ってねと処方されます。 お客様でも魚の目には、あの貼るやつ(スピール膏)がいいって聞いて、 買って貼ってるというかたも。 そしてスピール膏貼っている方、 白くなった皮膚を自分で切り取ったり、 手でむいたり、 衛生的にもよくないです。 健康な皮膚までボロボ

病院を受診して検査して白癬菌がでなくても、 肥厚爪の状態だと水虫かどうかわからないかもしれない でもほぼ全部や複数の爪が肥厚爪って 爪甲鉤彎症でもなく黄色くボロボロで変形した爪が複数の爪に出ている 白癬菌0ゼロじゃないだろうなと思います。 実際再度検査したら白癬菌が陽性になるケースもあり、 病院で白癬菌出なかったから絶対水虫の爪ではありません。 とは言い切れないのです。 削るとさらにこれは疑わしい