資格の更新と当サロンの特徴

最終更新: 4月14日

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。

5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。


 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知を行ってきました。

 今後の5年間も知識を深め足を見る目を高めていきたいと思います。

フットケアってなに?これは同業の看護師にもよく聞かれたので一般の方も同じかと思います。またご自身で足のケアしたことないという方も多くいらっしゃいますので、引き続き周知活動を行っていきたいと思います。


足のトラブルは一度きれいにすれば「きれいなまま」だったらいいのですがそうならない理由があります。

原因が複数あるからです。

ご自身の足の骨格、筋力、腱、姿勢、歩き方、靴下、靴、仕事時外出時の活動量、室内での生活状況など複数の原因があります。


将来健康な足を保っていけるということに焦点をあてているサロンです。

ご高齢になっても健康な足を保ってほしいと思います。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀




最新記事

すべて表示

巻き爪について思うこと

最近お見掛けするのが80~90歳を超えられた方の巻き爪による陥入爪です。 もっと早くに巻き爪矯正をしていれば、と思うのです。 陥入爪で炎症がすすんでしまうと手術になってしまうこともあります。 ご高齢になってくると、 日常生活動作が減少し歩行の機会が若い方に比べると減ってきます。 歩行も不安定になってきます。 筋力低下により正しい歩行ができなくなってきます。 すると巻き爪がすすむ場合があります。 巻

日本フットケア足病医学会に参加

午前午後ともフットケアが入っていたので、オンラインでは聴けませんでしたが、 オンデマンドで聴きました。 zoomも最近落ちがちなのであれはなぜ落ちてしまうのでしょうか。。 なのでオンデマンドは本当にありがたいです。 理学療法士の方の足の運動の話、足病治療の話、義肢装具の話、患者さんとのコミュニケーションの話、など 幅広く学ばさせていただきました。 当サロンは病院ではないですが看護師資格のあるものが