爪甲鉤彎症なぜほっといたらいけないのでしょうか


気付いたら爪が厚くなってしまった。

痛くも何もなかったからそのままにしてしまった。

というかたが多いです。

爪甲鉤彎症は長い年月を経て上の画像のように爪が厚くなってしまいます。


ここまで厚くなってくると靴下に引っかかったり、

布団に引っかかったり、

靴にあたってしまったり、

大きい靴を選んでしまい、足が靴の中で動き、正しい歩行ができなくなり、爪が靴にあたり爪の下に血腫ができたり、そうなると爪にも痛みが出て、

負のスパイラルになってしまいます。


爪が厚くなった状態では、

親指を使ってスムーズに歩けません。


足の爪が伸びるのには時間がかかりますが爪ケアをし健康な爪を取り戻しましょう。


いつまでも健康な足を保ちましょう。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀








当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

何度となく記事に書いていますスピール膏。 スピール膏、うおのめパッチ、 薬局のどこでも目にすることができます。 病院でも魚の目の時、自分で切って貼ってねと処方されます。 お客様でも魚の目には、あの貼るやつ(スピール膏)がいいって聞いて、 買って貼ってるというかたも。 そしてスピール膏貼っている方、 白くなった皮膚を自分で切り取ったり、 手でむいたり、 衛生的にもよくないです。 健康な皮膚までボロボ

病院を受診して検査して白癬菌がでなくても、 肥厚爪の状態だと水虫かどうかわからないかもしれない でもほぼ全部や複数の爪が肥厚爪って 爪甲鉤彎症でもなく黄色くボロボロで変形した爪が複数の爪に出ている 白癬菌0ゼロじゃないだろうなと思います。 実際再度検査したら白癬菌が陽性になるケースもあり、 病院で白癬菌出なかったから絶対水虫の爪ではありません。 とは言い切れないのです。 削るとさらにこれは疑わしい