爪甲鉤彎症なぜほっといたらいけないのでしょうか


気付いたら爪が厚くなってしまった。

痛くも何もなかったからそのままにしてしまった。

というかたが多いです。

爪甲鉤彎症は長い年月を経て上の画像のように爪が厚くなってしまいます。


ここまで厚くなってくると靴下に引っかかったり、

布団に引っかかったり、

靴にあたってしまったり、

大きい靴を選んでしまい、足が靴の中で動き、正しい歩行ができなくなり、爪が靴にあたり爪の下に血腫ができたり、そうなると爪にも痛みが出て、

負のスパイラルになってしまいます。


爪が厚くなった状態では、

親指を使ってスムーズに歩けません。


足の爪が伸びるのには時間がかかりますが爪ケアをし健康な爪を取り戻しましょう。


いつまでも健康な足を保ちましょう。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀








当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止