爪甲鉤彎症~親指と2番目の爪が厚い













親指と第2趾の爪甲鉤彎症です。


上の画像が初回

下の画像が1年後です。


ご自身で痛みの訴えができないので、

ご家族が爪を心配されてのご依頼でした。


初回画像爪の先に爪下血腫がうっすらみえます。


指先に力が入ってしまう姿勢をとることが多いようなので、

その影響もあるのかもしれません。


この初回と1年後の画像をみると簡単にきれいに

なっているようにみえるかもしれませんが、

爪のくい込みがずっと強かったです。

伸び悩んだ時期もありました。

ご家族にもいろいろご協力いただきながら

定期的に施術をしていきました。


指の先に力を入れる姿勢をとったとき

不快感や痛みが軽減し、

座位からの立位時不快なく移動できていればいいなと思います。



とちぎフットケアサロン茂木有紀






当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止


最新記事

すべて表示

何度となく記事に書いていますスピール膏。 スピール膏、うおのめパッチ、 薬局のどこでも目にすることができます。 病院でも魚の目の時、自分で切って貼ってねと処方されます。 お客様でも魚の目には、あの貼るやつ(スピール膏)がいいって聞いて、 買って貼ってるというかたも。 そしてスピール膏貼っている方、 白くなった皮膚を自分で切り取ったり、 手でむいたり、 衛生的にもよくないです。 健康な皮膚までボロボ

病院を受診して検査して白癬菌がでなくても、 肥厚爪の状態だと水虫かどうかわからないかもしれない でもほぼ全部や複数の爪が肥厚爪って 爪甲鉤彎症でもなく黄色くボロボロで変形した爪が複数の爪に出ている 白癬菌0ゼロじゃないだろうなと思います。 実際再度検査したら白癬菌が陽性になるケースもあり、 病院で白癬菌出なかったから絶対水虫の爪ではありません。 とは言い切れないのです。 削るとさらにこれは疑わしい

病院でウイルス性イボの治療をされていましたが、 治らなくてイボじゃないと治療が終了された方がいらっしゃいました。 イボじゃないと診断された場合でも、 当サロンでこれはイボの疑いがある。と、判断しました場合は、 感染性があるため施術致しません。 この方もイボ疑いの判断をしたため施術はしませんでした。 病院受診を再度すすめました。 すぐ受診してくださって 別の病院を受診しウイルス性イボと診断され 治療