足の裏にタコと魚の目~なぜ繰り返す?~

最終更新: 2020年12月25日

足の裏にタコができた。

ほっといたらだんだん厚くなってきた。

魚の目ができてなんだか違和感がある。

ほっといたら痛くなってきた。

手でむいてしまう方も多いですが、、

手でむいてしまうと、むけすぎて赤くなります。それがまた痛くなって。





足の裏に固いものがあると体のバランスが変わります。

歩き方も変わってしまいます。


さらには合わない靴を履き、

フィッティングができていないことが原因となります。


私たち日本人は靴の履き方を子どもの頃に教わっていません。


足も測定されたことがありません。


デザインで靴を選び、脱ぎ履きしやすい靴や大きい靴を選びがちです。

逆にデザインが好きで少しきつめだけど買ってしまったり。


足のトラブルを解消するためには

ゆるすぎてもきつくてもだめです。


トラブルの解消を目指すにはフィット感のある靴を。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀







※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

資格の更新と当サロンの特徴

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。 5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知