爪甲鉤彎症の経過〜定期的な爪ケアの重要性

最終更新: 7月5日

<初回のみで爪ケアをしていない方>

爪甲鉤彎症は爪が途中皮膚から離れて伸びていきます。

爪ケアをすると、爪が皮膚についてるのは全体の1/3ほどです。

この方は初回のみでした。

1年ぶりのフットケア同じように爪が皮膚につかないまま爪が肥厚して厚くなっていました。

1年でここまで厚くなっているのでまた5年10年と経過したらどうでしょうか。




<定期的に爪ケアをされている方>

左側が初回画像。

右側の経過は施術の画像です。


8ヶ月後お客様、こんなきれいな爪になったの10年ぶりですと喜ばれました。


8か月以降ここからが爪を上まで伸ばすのに大変な時期でもあります。

引き続きテーピングもがんばらないといけません。


新しい爪が出てきたのが5か月後くらいなので、爪が上まで伸びるのは(新しい爪に生え変わるのは)順調に伸びたとしてここから1年です。


経過が長いです。経過は個人差があり1年から1年半です。

健康な爪を取り戻すのは根気がいりますし、ご本人がキーとなります。

あきらめない気持ちとこの爪をなんとかしたいという気持ちが大切です。


爪の切り方や靴や靴下も今後は配慮しないと同じ爪になってしまいます。


人生100年とすると残り人生はあと何十年でしょうか。

20才の方で80年

50才の方で50年


女性の平均寿命は87歳です。

20才の方で67年

50才の方で37年


健康に歩ける足を保ちましょう。


車椅子になったから寝たきりになったからこの爪でいいはずがありません。

寝たきりになっても足はきれいでいたいと思いませんか。

最期の時まで。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀







※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

巻き爪について思うこと

最近お見掛けするのが80~90歳を超えられた方の巻き爪による陥入爪です。 もっと早くに巻き爪矯正をしていれば、と思うのです。 陥入爪で炎症がすすんでしまうと手術になってしまうこともあります。 ご高齢になってくると、 日常生活動作が減少し歩行の機会が若い方に比べると減ってきます。 歩行も不安定になってきます。 筋力低下により正しい歩行ができなくなってきます。 すると巻き爪がすすむ場合があります。 巻

お久しぶりの痛い魚の目

ご家族3名様のご予約でした。 2年以上ぶりで久しぶりのご予約。 Aさん、「魚の目が1ヶ月くらい前から痛くなってだめ」と。 2年前の魚の目が今頃?なんだろうなと思っていたら、 2年前の魚の目はなくなっていました。 魚の目ができていたのは反対の足。 魚の目を取ると、 「ほんとうに痛くない。すごい。」と、とても喜んでらっしゃいました。 毎日生活する中で歩くと痛いというのはストレスですし辛かったかと思いま