タコと痛い魚の目の悪循環ADL・QOL向上のために必要なこと











画像の方は魚の目の痛みがあり、施術後は痛みもなくなりよかったです。

「ここがあってよかった」と言っていただき、

この仕事をしていてよかったと思いました。


それではタイトルのお話。

足の裏のタコや魚の目ができてしまう方、

足をよく使われていらっしゃる方なんですね。

お仕事で足を駆使していたり、

プライベートでアクティブに活動されている方など。


足の筋力面から言えばとても良いことです。

足を使わなければ筋力は低下してしまいますから。


やはり靴の影響が大きく、

活動的な方ほど

ご自分の足にできるだけ合っている靴を選ぶことだったり、

靴を正しく履くことがトラブル軽減や改善につながってきます。


実際はお仕事柄靴の選択肢が限られやむなく合っていない靴を履かれている方や、

靴をフィッティングするということに時間がかけられなく

サンダルやスリッポンのように靴を履かれている場合が多いです。


そうすると悪循環で長い日々を重ね少しづつまた足のトラブルができてしまいます。


いつまでも活動的に元気に足を使えることは長い目で見ればご自身のADL・QOLの維持や向上につながっていきます。





とちぎフットケアサロン茂木有紀









当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止