ウイルス性イボについて

最終更新: 2020年9月17日



遠方までいらしていただいたのですが、

施術ができませんでした。

ウイルス性イボは施術ができませんのでご注意ください。

病院で治療をしてください。


それは、ウイルス性イボ(疣贅)。

これは感染性のイボです。

ご自身で削ってはいけません。

私自身も削ることはできません。


タコと似ていますが、

よく見ると断面が鋸状です。

足裏の場合歩くと痛みも出ます。

これは元々はタコだったのかもしれません。

傷からウイルスが入り感染してしまいます。

抵抗力が弱っている時に感染しやすいと言われています。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀





​※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

資格の更新と当サロンの特徴

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。 5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知