爪甲鉤彎症はこんな爪

最終更新: 2月19日


最近多い爪甲鉤彎症の依頼。

皮膚科や整形外科でこれはやりようがないと言われたり、何もできないと言われたり、

抜爪と言われたり、

最終的にはどこに行ったらいいのかわからなくて、

こういうのがあるって知らなかったからと、

長きに悩まれ私の所に依頼されてくる方が多いです。


爪甲鉤彎症はこういう爪です↑

ほっとくのはよくないです。

見た目だけではありません。

爪がだんだんにヤギの角のように上に厚くなって生えてくるため

後ろの皮膚に刺さっていったり、お隣の皮膚に刺さってあたったり、

ぶつけたりすると爪の下に血腫ができていることもあります。

よく見るとわかりますが、爪と皮膚はどんどん離れていき根元しかくっついていません。

爪がないことで指先の皮膚が盛り上がってきます。

早めにフットケアをしましょう。

ただきれいにするだけではなく

先を考えたフットケアが必要です。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀










​※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

巻き爪について思うこと

最近お見掛けするのが80~90歳を超えられた方の巻き爪による陥入爪です。 もっと早くに巻き爪矯正をしていれば、と思うのです。 陥入爪で炎症がすすんでしまうと手術になってしまうこともあります。 ご高齢になってくると、 日常生活動作が減少し歩行の機会が若い方に比べると減ってきます。 歩行も不安定になってきます。 筋力低下により正しい歩行ができなくなってきます。 すると巻き爪がすすむ場合があります。 巻

お久しぶりの痛い魚の目

ご家族3名様のご予約でした。 2年以上ぶりで久しぶりのご予約。 Aさん、「魚の目が1ヶ月くらい前から痛くなってだめ」と。 2年前の魚の目が今頃?なんだろうなと思っていたら、 2年前の魚の目はなくなっていました。 魚の目ができていたのは反対の足。 魚の目を取ると、 「ほんとうに痛くない。すごい。」と、とても喜んでらっしゃいました。 毎日生活する中で歩くと痛いというのはストレスですし辛かったかと思いま