爪甲鉤彎症はこんな爪

更新日:2021年2月19日


最近多い爪甲鉤彎症の依頼。

皮膚科や整形外科でこれはやりようがないと言われたり、何もできないと言われたり、

抜爪と言われたり、

最終的にはどこに行ったらいいのかわからなくて、

こういうのがあるって知らなかったからと、

長きに悩まれ私の所に依頼されてくる方が多いです。


爪甲鉤彎症はこういう爪です↑

ほっとくのはよくないです。

見た目だけではありません。

爪がだんだんにヤギの角のように上に厚くなって生えてくるため

後ろの皮膚に刺さっていったり、お隣の皮膚に刺さってあたったり、

ぶつけたりすると爪の下に血腫ができていることもあります。

よく見るとわかりますが、爪と皮膚はどんどん離れていき根元しかくっついていません。

爪がないことで指先の皮膚が盛り上がってきます。

早めにフットケアをしましょう。

ただきれいにするだけではなく

先を考えたフットケアが必要です。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀










​※当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止

最新記事

すべて表示

何度となく記事に書いていますスピール膏。 スピール膏、うおのめパッチ、 薬局のどこでも目にすることができます。 病院でも魚の目の時、自分で切って貼ってねと処方されます。 お客様でも魚の目には、あの貼るやつ(スピール膏)がいいって聞いて、 買って貼ってるというかたも。 そしてスピール膏貼っている方、 白くなった皮膚を自分で切り取ったり、 手でむいたり、 衛生的にもよくないです。 健康な皮膚までボロボ

病院を受診して検査して白癬菌がでなくても、 肥厚爪の状態だと水虫かどうかわからないかもしれない でもほぼ全部や複数の爪が肥厚爪って 爪甲鉤彎症でもなく黄色くボロボロで変形した爪が複数の爪に出ている 白癬菌0ゼロじゃないだろうなと思います。 実際再度検査したら白癬菌が陽性になるケースもあり、 病院で白癬菌出なかったから絶対水虫の爪ではありません。 とは言い切れないのです。 削るとさらにこれは疑わしい