爪甲鉤彎症はこんな爪

最終更新: 2018年11月9日


最近多い爪甲鉤彎症の依頼。

皮膚科や整形外科でこれはやりようがないと言われたり、何もできないと言われたり、

抜爪と言われたり、

最終的にはどこに行ったらいいのかわからなくて、

こういうのがあるって知らなかったからと、

長きに悩まれ私の所に依頼されてくる方が多いです。


爪甲鉤彎症はこういう爪です↑

ほっとくのはよくないです。

見た目だけではありません。

爪がだんだんにヤギの角のように上に厚くなって生えてくるため

後ろの皮膚に刺さっていったり、お隣の皮膚に刺さってあたったり、

ぶつけたりすると爪の下に血腫ができていることもあります。

よく見るとわかりますが、爪と皮膚はどんどん離れていき根元しかくっついていません。

爪がないことで指先の皮膚が盛り上がってきます。

早めにフットケアをしましょう。

ただきれいにするだけではなく

先を考えたフットケアが必要です。




とちぎフットケアサロン


お気軽にご相談ください。









#爪甲鉤彎症 #フスフレーゲ  #とちぎ訪問フットケア #フットケアサロン

© 2023 by とちぎフットケアサロン. Proudly created with Wix.com

​ プライバシーポリシー