top of page

子どもの足靴シンポジウムに参加して

更新日:2021年2月16日

日本フットケア足病医学会が開催した子どもの足靴シンポジウムにwebで参加しました。


私が日頃見させていただいてるのは20代~ご高齢の方ですが、10代や学童幼児のお子様の相談も時々あり子どもの靴は大切だと実感しています。


また、大人の方に足と靴についての話や靴の履き方をお教えしますが、

そんなこと学んできてない、

全然知らなかったという声も聞かれ

そして今日から明日から変えましょうは難しいです。

習慣を変えることはとても努力がいります。


子どもの頃から習慣的に当たり前にできること、学ばなくても体に身についた感覚が必要です。


そのためには幼児教育や保育の現場で先生たちが子どもたちに教えてあげる当たり前の環境が必要です。


それをするためには、先生たちが子どもの足と靴について知らないといけませんし、その前にご自分の靴を見直さないといけないかもしれません。

ここが一番難しいです。


問題は山積みなように思いますが、

乳幼児期の子どもたちが足と靴のことを当たり前にできる環境を整えることは必ず必要だと感じたシンポジウムでした。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀






最新記事

すべて表示

フットケア学会関西地方会に参加しました

日本フットケア・足病医学会 関西地方会学術集会に参加しました。 いろいろな疾患のある足をどうみるかという点で、フットケアという行為をする上で必要な知識を学ぶことができました。 普段なかなか勉強できない貴重なお話を聴くことができました。 いろいろな疾患をお持ちのお客様がいるので 足の勉強はやはり大切です。 今後のフットケアに生かしていきたいと思います。

フットケア学会関東地方会に参加しました~

土日はご予約が入っているのでオンデマンドで参加しました。 なんというか刺激的というか驚きでした。 ある講演なのですが、 外科的手術に関するお話でした。 難治性の潰瘍のお客様は当然当サロンにいらっしゃいませんが、 疾患による変形が強い難治性胼胝の方はいます。 胼胝ができなくなる。 それは画期的なことです。 痛みと変形がなくなればもっと歩容がよくなると思うのです。 とちぎフットケアサロン茂木有紀

フットケア学会北海道地方会に参加しました

日本フットケア足病医学会の北海道地方会に参加しました。 当日フットケアのご予約入っていたので合間で一部web参加し、 後日オンデマンド参加しました。 北海道へ行くのは難しいですが、 聴けて良かったです。 爪白癬のお話もありました。 胼胝(タコ)をエコーで、 実際足にどのような状態でタコができているのかというのをみて 胼胝が繰り返されるのはこういうことなのかと驚きました。 足の角化と荷重では、 体重

Commentaires


bottom of page