子どもの足靴シンポジウムに参加して

更新日:2月16日

日本フットケア足病医学会が開催した子どもの足靴シンポジウムにwebで参加しました。


私が日頃見させていただいてるのは20代~ご高齢の方ですが、10代や学童幼児のお子様の相談も時々あり子どもの靴は大切だと実感しています。


また、大人の方に足と靴についての話や靴の履き方をお教えしますが、

そんなこと学んできてない、

全然知らなかったという声も聞かれ

そして今日から明日から変えましょうは難しいです。

習慣を変えることはとても努力がいります。


子どもの頃から習慣的に当たり前にできること、学ばなくても体に身についた感覚が必要です。


そのためには幼児教育や保育の現場で先生たちが子どもたちに教えてあげる当たり前の環境が必要です。


それをするためには、先生たちが子どもの足と靴について知らないといけませんし、その前にご自分の靴を見直さないといけないかもしれません。

ここが一番難しいです。


問題は山積みなように思いますが、

乳幼児期の子どもたちが足と靴のことを当たり前にできる環境を整えることは必ず必要だと感じたシンポジウムでした。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀






最新記事

すべて表示

日本フットケア足病医学会に参加

高山先生の講演がとても勉強になりました。 CLTIの視点から見た皮膚ー高齢者の皮膚、爪ー巻き爪、陥入爪、肥厚爪(爪甲鉤彎症、厚硬爪、爪白癬)幅広く深く学びました。 爪は奥が深い。 まだまだ知らないことが多くある 爪や足をみる目を育て足のリスク回避をして歩ける足を守っていくことが大切。 とちぎフットケアサロン 茂木有紀

日本靴医学会に参加

web参加しました。 見れなかったところはオンデマンドで見ようかと思います。 オンデマンドありがたいです。 当サロンは足のトラブルをかかえた方が多くいらっしゃいます。 胼胝、鶏眼、外反母趾、内反小趾、副爪、ガサガサかかと、足趾の変形、爪の変形、爪の肥厚、爪甲鉤彎症等の足のトラブルは靴によるところが大きいと考えています。 学会でも先生方の講演にありましたが、 足のトラブルがあるとインソール入れればな

日本フットケア足病医学会に参加

午前午後ともフットケアが入っていたので、オンラインでは聴けませんでしたが、 オンデマンドで聴きました。 zoomも最近落ちがちなのであれはなぜ落ちてしまうのでしょうか。。 なのでオンデマンドは本当にありがたいです。 理学療法士の方の足の運動の話、足病治療の話、義肢装具の話、患者さんとのコミュニケーションの話、など 幅広く学ばさせていただきました。 当サロンは病院ではないですが看護師資格のあるものが