子どもの足靴シンポジウムに参加して

最終更新: 2月16日

日本フットケア足病医学会が開催した子どもの足靴シンポジウムにwebで参加しました。


私が日頃見させていただいてるのは20代~ご高齢の方ですが、10代や学童幼児のお子様の相談も時々あり子どもの靴は大切だと実感しています。


また、大人の方に足と靴についての話や靴の履き方をお教えしますが、

そんなこと学んできてない、

全然知らなかったという声も聞かれ

そして今日から明日から変えましょうは難しいです。

習慣を変えることはとても努力がいります。


子どもの頃から習慣的に当たり前にできること、学ばなくても体に身についた感覚が必要です。


そのためには幼児教育や保育の現場で先生たちが子どもたちに教えてあげる当たり前の環境が必要です。


それをするためには、先生たちが子どもの足と靴について知らないといけませんし、その前にご自分の靴を見直さないといけないかもしれません。

ここが一番難しいです。


問題は山積みなように思いますが、

乳幼児期の子どもたちが足と靴のことを当たり前にできる環境を整えることは必ず必要だと感じたシンポジウムでした。




とちぎフットケアサロン 茂木有紀






最新記事

すべて表示

webフットケア研修

webでフットケアの研修に参加しました。 高山かおる先生の「爪の診方と原因を考えたアプローチ」 ある疾患の爪について詳しく知りたいとずっと思っていたところ、この疾患の爪について詳しく学べとてもよかったです。巻き爪変形、肥厚爪変形についても学びました。 足の病院の医師や足のクリニックの理学療法士の方の貴重な話を聴くことができてとても勉強になりました。 現在の事業に通じるところが多くあり今後に生かして

資格の更新と当サロンの特徴

日本フットケア・足病医学会フットケア指導士の資格の更新をしました。 5年毎の更新で、その5年の間にフットケア活動をし単位を取得し更新します。 この5年間の活動は学会に参加し足をみるための知識を深めたり、指導士会や福祉施設でフットケアの周知活動をしたり、足専門病院のフットケア周知活動のイベントに参加したり、実際のフットケアではサロンでのフットケア、施設や個人宅の方への訪問フットケアでフットケアの周知