爪甲鉤彎症初回から終了まで

更新日:2月4日


「病院で爪が脱落するまで待つしかないといわれて1年待ったけど脱落せず、

爪が厚くなってきたので」と

お越しいただいたお客様です。



上の画像が初回の画像。

下の画像が終了したときの画像


こちらのお客様は少し早かったですが、こういった爪ですとだいたいみなさん1年半くらいかかっています。

くいこみに対しドイツの巻き爪矯正をつけていたこともあり爪の伸びがよかったこと

8週毎お越しいただいて、テーピングを毎日やっていただいていたことで経過がよかったです。


6週ごとやっている所もありますが、来るのが大変かと思うので8週間にしています。

これは、これ以上あけると爪が肥厚するよという期間です。

実際12週、15週など開けた方で爪が根元から肥厚してまたいちからになった方も割といらっしゃいます。

せっかくここまでは伸びたのにとなります。


こちらのお客様は、途中爪の段差のくびれがくいこみ痛みがあり伸び悩む時期があり

つらいときもあったかと思いますが、

健康な爪に戻り歩行がしやすく日常生活も快適になるかと思うのでよかったです。


当サロンの健康な爪とは、1枚の透明な爪に戻ることです。

厚い爪は削れば厚みはなくなります。ある程度の薄くした厚さで上まで伸ばしても爪はまた長い経過で厚くなっていきます。

よく見ると2枚か3枚のこともありますその経過で放置するとまた厚くなってきます。

ほっとけば元に戻ると2回でやめる方もいらっしゃいますが、

爪甲鉤彎症は健康なもとの爪に戻すのは簡単ではありません。


こちらのお客様はよくがんばられたかと思います。




とちぎフットケアサロン

茂木有紀








​当サイトの画像、テキスト等の無断転用転載、無断使用禁止